注目の資格 メンタルヘルスマネジメント

近年、メンタルヘルスに関して、偏見が大分なくなり、理解力も進んできました。
しかし、まだ十分とは言えない状況です。


精神的な安定は、仕事を充実させます。
社内環境が悪く、精神的にダメージを負ってしまうと、仕事の効率は落ちる一方です。

メンタルヘルスマネジメントの情報ならこちらにお任せ下さい。

会社や、社員自身の精神的な健康を管理を担う注目の資格にメンタルヘルスマネジメントがあります。

この資格は、大阪商工会議所・施工商工会議所が主催し、日本商工会議所の後援を受けている民間の資格です。



大きな特徴として、社内のメンタル管理だけではなく、社員自身のメンタルヘルス管理についてもこの資格の範囲内となっていることです。

メンタルヘルスマネジメントには、三種類の試験コースがあります。

・Ⅰ種(マスターコース)社内全体のメンタルヘルス対策を推進するためのコースです。

主に人事課や、経営幹部が対象となります。

・Ⅱ種(ラインケアコース)部門内や上司と部下のメンタルヘルス対策を推進するためのコースです。


主に管理職が対象となります。

・Ⅲ種(セルフケアコース)会社内における、自身のメンタルヘルス対策を行うためのコースです。


主に一般社員が対象となります。試験はⅠ種が年に一回、Ⅱ種とⅢ種が年に二回、全国の主要都市で行われます。

goo ニュースの情報をあなたにご紹介いたします。

公式テキストは全国の書店で取り扱われており、通信教育大手のユーキャンでもⅡ種、Ⅲ種は講座があり、勉強をすることができます。メンタルヘルスマネジメントは、社員ひとりひとりが十分に仕事が能力が発揮することができるために必要な資格です。